医院からのお知らせ 医院ブログ

矯正終了後のリテーナー装着期間や治療について

歯列矯正そのものの治療がひと段落しても、その後しばらくはリテーナーをつけることを推奨しております。また、リテーナーをとったあとの被せものなどの治療まで、どのくらいの時間を空けるべきかも気になるところ。今回は、その矯正が終了したあとにフィーチャーして疑問にお答えしていきます。

矯正後のリテーナー装着期間は1〜2年

矯正終了後は、ワイヤーとクリアのマウスピースをそれぞれ装着していただきます。これは、骨と歯の安定を図る目的です。せっかく矯正したのに、すぐに形が崩れてしまったら残念ですよね。そのため、個人差はありますが、飲食時+歯磨き以外の時間はなるべく装着していただくように推奨しております。
その後、徐々にその時間を減らしていき、その期間が約1〜2年となります。
田嶋歯科医院では、患者さまの希望に応じ、下顎のリテーナーをナイトガードとしてご利用いただく場合もございます。

器具をとったあと、被せものの治療までは3ヶ月〜半年

治療後は、約3ヶ月〜半年程度で被せ物などの治療が可能になります。なお、歯の動揺度や歯周状態によって前後がございますのでご了承ください。
矯正にともない、被せ物も同時に行った場合、新たな歯型に合わせたリテーナーを作成いたします。

様々な悩みや不安、疑問が伴う歯列矯正。患者さまの悩みや疑問と向き合いながら一緒に解決していけるように努めてまいります!