医院ブログ 矯正・インビザライン

歯の矯正治療中におすすめの食事は?

今回は管理栄養士による矯正治療中のお食事について一部お伝えさせていただきます。

矯正治療中、外科処置後など、お食事に困ることありますよね。
当院では管理栄養士が常勤しておりますので、お悩みなどございましたらお気軽に相談ください。

矯正治療中は、歯が徐々に動いて痛みが生じるため、噛みづらいと感じることがあります。
食事の際には、この痛みや食べづらさを左右するため、自分にあった食べ方を選択することが大切です。

また、バランスのとれた栄養のある食事を心がけていただくことで、よりお口の中を健康に保ちながら効率よく治療を進めていくことができます。

食事に調理の工夫が必要です

歯が動くことによる痛みは、個人差がありますが、矯正装置をいれた当日をピークにして、2~3日後まで続くことがあります。矯正中は無理な食事はせず、自分の症状にあった、硬さの食事をしましょう。

歯に加わる力の量も時間とともに軽減していくため、1週間程度で普段通りの硬さのある食事を食べられるようになります。
  
調理の工夫としては、食材に火を通す(茹でる・煮る・蒸す・焼く)調理や、食材の切り方(細かく切る、すりおろす)などの工夫をすることで食べやすくすることができます。
また、頬張らず少量ずつ食べることや、奥歯で噛むことで、食事の違和感を軽減することができます。

わかりやすい資料もご用意していますので、ぜひ一度矯正無料相談にお越しください。